スピード買取は着物の買取価格が安いって本当?相場はどのくらい?

スピード買取で着物を買取してもらおうかと思っているけれども・・想像以上に安かったらどうしよう。

スピード買取って、着物の買取価格は安いの?そもそも着物の相場はどれくらいなの?

着物の買取価格について不安に思われている方も多いかもしれません。

実際、着物の買取価格は0円のものから数十万円のものまで多岐にわたります。

そこで、ここでは、スピード買取の着物の買取価格の相場や、高く売れる着物の条件を

自らの経験と査定員から聞いた話などを踏まえてお伝えしたいと思います。是非参考にご覧下さい。

結論から言うと、スピード買取はリサイクルショップより高く買取してくれる

私はあまり高価な着物を持っていたわけではないのですが

某大手リサイクルショップで、300円の査定額だった着物がスピード買取では1000円で査定してもらえた事がありました。

私が訪れた、某大手リサイクルショップは査定している人は学生やフリーターなどアルバイト店員が多くて

着物の知識や価値をきちんと分かって居る人が査定しているとはとても思えませんでした。

その点、スピード買取は着物に詳しい査定員が多く常駐しており、着物の査定の際には

着物の査定を得意としている査定員に出張査定に行ってもらうと言うことですし

私が独自に取ったアンケートの回答の中では、振袖4点を12万円で買取してもらったと言う回答もあったので

不当に安い価格で買い取りされてしまう・・と言ったことはありません。

綺麗じゃないと高く売れないというのは嘘?高く売れる着物の条件とは

正絹(絹100%)の着物に関しては、大量生産されているものは無く、全て一点物なので

「振袖だったら○○万円」というはっきりとした買取価格相場は存在しません。

着物は綺麗に保管していたほうが高く売れる事は間違いないですが、綺麗だから間違い無く高く売れるとも言えません。

逆に、表地に汚れがあっても高く売れる事もありますし、綺麗に保管してたのにサイズが小さすぎて安値になってしまったという事もあります。

では、高く売れる事が多い着物の状態や条件などを簡単にまとめていきますね。

高価買取されやすい着物の状態1・希少価値の高い着物

希少価値の高い着物というのは、ここでは「生産数が低く、且つ、欲しいと思われている方が多いもの」で

着物愛好者の中では「幻の着物」と言われているものとなります。

着物は基本的には1点もののはずなのに、希少価値が低いってどういう事?と思われた人も多いかと思います。

作家物、人間国宝の着物でも生産数が多い方の着物ですとあまり高く売れない傾向があります。

例えば日本三大紬と言われている大島紬、結城紬、牛首紬ですが

大島紬は現在、年間約5000反、結城紬と牛首紬は約2000反ほど生産されています。

この場合、生産数の少ない結城紬、牛首紬の方が買取価格は高くなる傾向があります。

(色柄や織り方によっても買取価格は変化する事がありますのでご了承下さい。)

あと、実際私が着物の査定を依頼したときに、スピード買取の査定員に聞いた話なのですが

「12マルキの大島紬を先日40万円で買取しました」という情報を聞かせてくれました。

※マルキとは経 (たて) 糸1240本に対して絣(かすり)糸の本数の単位のことで

マルキが多いほど柄が細かくなり、織る手間も増えるため高額になると言われています。

12マルキの大島紬は生産数が非常に少ない為、高額査定となったそうです。

高価買取されやすい着物の状態2 ・身丈と裄が長い物(身丈は160㎝、裄は65㎝以上)

着物の身丈というのは肩山から裾までの長さで、裄と言うのは背中心から袖口までの長さの事を言います。

大きい分には、大柄な方でも着ることが出来るのと、仮に小柄な方が着る事になったとしても

後で短く調整が出来るので、長い物のほうが高く売れる傾向があります。

逆に、昔の小柄な方が着ていたもので身丈も裄も短いモノですと、調整や応用が利かず

状態がよく綺麗なものでも、買取不可となる場合もあります。

高価買取されやすい着物の状態3 ・着物の色柄は地味目なもの

着物は、若い人でも末永く着ることが出来、年配の方でも着やすい色柄が地味目なものが好まれます。

着物の場合地味な色目というのはグレー、茶、紺、紫などの色で、柄も小さく目立たないものが好まれます。

デザインの古さなどもある程度関係はありますが、地味目な色の着物に関してはあまり流行に左右されないので

古い着物でも高い買取価格となることがあります。

 高価買取されやすい着物の状態4・ 裏地(胴裏、八掛)が汚れていないもの

着物は表地が汚れていても、ドライクリーニングでキレイにすることができるのですが

裏地(八掛や胴裏)は白生地で一度汚れがつくと落ちにくく、表地にも響いてしまうこともあるので

クリーニングするのがとても難しいです。

なので、裏地が汚れていなければ、思っていたよりも高い金額で買取してもらえることもあります。

実際に着物を査定してもらわなければわからない!

「スピード買取は買取価格安い!」という悪評?も見受けられますが、リサイクルショップなど

店舗を展開している業者に比べたら高く買い取ってもらえる事は間違いありません。

しかし着物には正確な相場などは存在せず、例外もあるのでこればかりは実際に見てもらわないと正確な買取価格は分かりません。

やはり一番良いのはスピード買取に査定を依頼して、とりあえず見てもらう事です。査定だけでも無料ですので気軽に依頼が出来ます。

私自身着物の買取を依頼した経験と、スピード買取で着物買取を経験した方のアンケートなどを踏まえた結果、スピード買取は

  • 依頼後翌日~翌々日には出張査定に来てくれる
  • コールセンター、アフターフォローはとにかく丁寧
  • 査定員は概ね親切で、査定自体は丁寧かつスピーディに行われる

と言った特徴があります。

買取金額に関しては、思ったよりも安くなってしまったという意見が多かったですが、

着物の買取価格の相場自体がどの業者にだしても大体販売価格の10分の1となる事が多いので

妥当な買取金額だと言えるでしょう。

着物は、実はとてもデリケートな素材でできていて、ある日突然アクや色ヤケが酷くなり価値が落ちることもありますので、

少しでも高い価格で買取してもらいたいのであれば、なるべく早く査定だけでも頼んだ方が良いですよ。

スピード買取・着物買取公式サイトから査定を依頼してみる